地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」

※このイベントは終了しました。

テーマ展「春のコレクション―近世・近代の絵画―」

テーマ展「春のコレクション―近世・近代の絵画―」
春から初夏をテーマに絵画作品を展示

春から初夏を題材とした絵画は、桜の花を描いたものが代表的な存在で、ほかに草花に鳥を配した花鳥画や、農耕風俗をモチーフとした作品など数多く残されている。テーマ展では、桜の名所として有名な吉野山(奈良県)の景観を描いた江戸時代前期(17世紀)の「吉野山図屏風」6曲1双から、昭和4年作の岡田三郎助「新緑」、昭和22年作の立石春美「早乙女」まで、佐賀県ゆかりの画家の作品を中心に20点を紹介する。

主な展示作品

(1) 吉野山図屏風(よしのやまずびょうぶ) 作者不詳、6曲1双、江戸時代(17世紀)、博物館蔵
(2) 四季耕作図屏風(しきこうさくずびょうぶ) 長谷川雪旦(はせがわ・せったん)筆、6曲1双、天保9年(1838年)、博物館蔵
(3) 四季花図(しきのはなず) 柴田是真(しばた・ぜしん)筆、1幅、江戸時代(19世紀)、博物館蔵
(4) 桜下美人図(おうかびじんず) 岸天岳(きし・てんがく)筆、1幅、江戸~明治(19世紀)、博物館蔵
(5) 春雨(はるさめ) 高木背水(たかぎ・はいすい)筆、1面、大正元年(1912年)、美術館蔵
(6) 巴里郊外の春(ぱりこうがいのはる) 御厨純一(みくりや・じゅんいち)筆、1面、昭和3年(1928年)、美術館蔵
(7) 新緑(しんりょく)、岡田三郎助(おかだ・さぶろうすけ)筆、1面、昭和4年(1929年)、美術館蔵
(8) 早乙女(さおとめ)、立石春美(たていし・はるみ)筆、2曲1隻、昭和22年(1947年)、美術館蔵


写真:岸天岳「桜下美人図」佐賀県立美術館蔵
カテゴリ写真、アート展
開催日2017年4月7日(金) ~ 4月27日(木)
09:30 ~ 18:00
月曜日は休館
開催場所佐賀県立美術館
佐賀市城内1-15-23
公共: 長崎本線佐賀駅徒歩約30分 佐賀駅バスセンターから市営バス下車1分
車: 長崎自動車道佐賀大和ICより約25分
駐車場: 110台 無料、数に限りがあるので注意しよう
料金観覧料 無料
イベントの公式URL(PC)http://saga-museum.jp/museum/exhibition/limited/2017/04/001544.html
お問い合わせ先佐賀県立博物館・美術館
TEL:0952-24-3947

地図アプリで見る

こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ

人気のキーワード