地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」

佐賀おでかけマップ

今まさにホットな場所!三重津海軍所跡/佐野常民記念館

世界遺産で話題の場所の「体験できること」をご紹介します

県や市が壮大に行っている、「三重津海軍所跡を世界遺産へ」PR。
ポスターやバス広告などで、きっと誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。
その甲斐あってか2015年の5月に動きがあり、イコモスから記載勧告を受ける運びとなりました。

行ったことがある方はご存知かと思いますが、実はここ、一見ただの野原が広がっているだけのように見えてしまう場所なんです。
しかし実際は、ハイテクを駆使した様々な仕掛けがあり、たくさんの方が楽しめるものが用意されています。
思わず行ってみたくなる、あんなものやこんなものをご紹介します。

当時の風景が蘇る!VRスコープで公園散策

公園散策をする前に、隣接する佐野常民記念館でVRスコープを借りましょう。
無料で借りることができますが、申込書への記入の際に、免許証などの身分証明書が必要です。

これを持って公園へ行くと、5つのポイントで音声と画像によるガイダンスが流れてきます。
この黄色い目印が見どころポイントです。最初のポイントは記念館の真正面にあります。

ガイダンスに従ってスコープを覗くと、360度のパノラマ画面で当時の風景を見ることができます。
大きな船や訓練所など、現在の平原とは違う景色が蘇りますよ。必見です。

タイムトラベルで、当時の様子を3D体感!

VRスコープが借りれる佐野常民記念館内にも、ハイテクなアトラクションがありました。

タイムトラベルと言うもので、丸い椅子に座ってヘッドフォンと3Dグラスをかけ、映像を360度パノラマで見るというものです。
担当の方が親切にナビゲートしてくださいますので、タイムトラベルコーナーに行って使い方をお聞きください。

こんな様子が、3Dで流れてきます。
カチガラスの視点で造船所を俯瞰したり、リアルな目線で人混みをかきわけ船に地近づき、下から船を見上げたり。
まさに当時の活気を疑似体験できた3分間でした。
これも無料で楽しめます。リピートしたくなるほどのクオリティです!


世界遺産関連のものばかりご紹介してきましたが、実は観光だけではありません。
毎週土曜日に、サタデーワークショップという、クラフトの体験ワークショップが定期的に行われています。
次のページで、その様子をお伝えします。