地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

佐賀の地域情報サイト「まいぷれ」

天山酒造株式会社

蔵元、酒造・販売

何も恐れず。天山山系の懐に抱かれ、醸す、男酒。

0952-73-31410952-73-3141地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「天山酒造株式会社」何も恐れず。天山山系の懐に抱かれ、醸す、男酒。
小京都・小城。
ゲンジボタルの乱舞する祇園川の上流。

時は明治、祇園川のほとりには水車が建ち並び、業を成していた。

明治8年(1875年)、水車業の傍ら、造り酒屋を創業。初代蔵元。

現在、『天山』『岩の蔵』『七田』を中心とした、3つのブランドを展開している。

天山山系の伏流水は、日本では稀なミネラル豊富な中硬水。
この申し分ない「仕込み水」によって、引き締まった力強いキレを生み出す。

■■   ■■   ■■   ■■   ■■   ■■

小城の地を大切にする想いも忘れない。
自動車さえ殆んど目にしなかった戦前に、消防車を導入し、地域住民の生命と財産を守った。

酒造りには不可欠の米作りにも尽力した。
終戦直後、農業の指導者育成のために『高農塾(農業大学)』を設立。九州大学から講師を招き、講義した。

酒米栽培の技術指導者の、亡き雪竹先生(佐賀・東与賀出身)のご指導により、『酒づくりは、米づくりから』の精神を胸に、現・6代目蔵元による『人・米・酒プロジェクト』をスタート。
田植え・稲刈りから瓶詰めまでを一般の方々に体験していただいている。
「世界に一つだけのお酒を作ろう☆」
■■   ■■   ■■   ■■   ■■   ■■
天山降ろしの風吹く、祇園川ほとり。
そろそろ、新酒が生まれる。「天山酒造株式会社」
天山降ろしの風吹く、祇園川ほとり。
そろそろ、新酒が生まれる。
かつて杜氏たちは昼夜を共にして酒造りしていた。
当時の名残。「天山酒造株式会社」
かつて杜氏たちは昼夜を共にして酒造りしていた。
当時の名残。
「Keisky’s Sake Bar」♪ ♪ イベントで賑わう@酒蔵「天山酒造株式会社」
「Keisky’s Sake Bar」♪ ♪ イベントで賑わう@酒蔵
白壁の酒蔵。
明治蔵に大正蔵と昭和蔵を建て増していった。「天山酒造株式会社」
白壁の酒蔵。
明治蔵に大正蔵と昭和蔵を建て増していった。

フランス初の日本酒コンクールで最高賞受賞!

2017年10月、フランスの一流ソムリエたちによる『KURA MASTER』において、日本酒コンテストが行われた。

栄えある最高賞「プレジデント賞」を受賞!

フランス初となるこの審査会は、パリの高級ホテル「クリヨン」にて開催。一次審査では、日本の全酒蔵の2割に相当する220酒蔵から550銘柄が出品された。

最優秀のプレジデント賞受賞の銘柄は、ホテル「クリヨン」のメニューに採用されている。

■■   ■■   ■■   ■■   ■■   ■■

そして今や、天山酒造はアメリカ・アジア・ヨーロッパの20数ヶ国に輸出しており、世界中の方々にご愛飲いただいております。

■■   ■■   ■■   ■■   ■■   ■■
名称天山酒造株式会社
フリガナテンザンシュゾウカブシキガイシャ
住所845-0003 小城市小城町岩蔵1520
電話番号0952-73-3141
ファックス番号0952-72-7695
営業時間9:00~17:00 平日
定休日日曜、祝日
(土曜のお休みもあります。お電話でご確認ください)
駐車場有り
関連ページホームページ
Website (English)
Facebook
Instagram
ジャンル
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

お店・施設を探す